委員会活動

クラブ管理運営委員会 加倉井道雄委員長

2020~2021年度任務

S・A・A

〇例会はクラブの活性化と会員相互の親睦の良き場となるよう運営する 〇マナーと時間を厳守しスムーズに進行する 〇和やかな雰囲気作りを心掛ける

プログラム

〇会員が楽しめるプログラムを計画 〇会長、幹事、S・A・Aとスケジュールと時間管理の徹底を図る 〇創立50周年事業に向けた進捗が図られるように計画する

親睦

〇会員相互の理解と友情を深め、一体感のあるクラブを目指す

出席

〇例会等の各種会合に積極的に参加していただけるようにする 〇メークアップやWEBでの参加等を促進し、出席率向上を目指す 〇WEB参加のための方法や使用ツールを選定する

事業計画

毎週 会食費、会場代等「事前出欠を把握し無駄な会食費などを省く」(S・A・A)
毎週 例会、司会進行、4つのテスト「PRタイム、委員会報告は事前申請により時間配分する」(S・A・A)
毎週 例会への出席率向上を推進します(出席)
隔週 結婚記念日・誕生日のお祝い(親睦)
隔月 行政機関への卓話依頼「出前講座」(プログラム)
四半期毎 地区委員会への卓話依頼(プログラム)
四半期毎 一般からの外部卓話(プログラム)
9月 観月会開催(S・A・A/親睦)
11月 遠賀・宗像合同例会開催(S・A・A/親睦)
1月 新年家族懇親会開催(S・A・A/親睦)
4月 観桜会開催(親睦)
未定 親睦旅行開催(未定)
開催月 各種大会・地区協議会等への出席依頼(出席)
6月 会長・幹事・役員慰労会(S・A・A/親睦)
6月 出席状況に応じ、敬意を表します(出席)

会員基盤向上委員会 西智弘 委員長

2020~2021年度任務

会員増強

〇会員を維持し、2人の純増を目指す
〇女性会員増強を図るため、情報収集に努める

Rotary情報

〇会員候補者にロータリークラブの特典と責務に関する情報を提供
〇会員に特典と義務の理解を促す
〇会員に定款・細則及び歴史・目的・活動事例等の情報を提供する

事業計画

通年全会員より情報を収集し、入会につなげる(会員増強)
半期毎家庭集会を開催し、会員間の親睦を図り情報収集を行う(会員増強)
適時遠賀ロータリー塾の開催(Rotary情報)
適時規則審議会及び地区委員会での改正点があった場合は、クラブフォーラム開催時に報告し、協議する(Rotary情報)

広報公共イメージ委員会 三原光広 委員長

2020~2021年度任務

〇ホームページ(HP)等を活用した広報活動の拡充
〇自クラブメンバーへの情報発信をSNS等活用での取り組み
〇「ロータリーの友」「ガバナー月信」の配布
〇「クラブ週報」の発行による会員情報の発信
〇マイロータリーの登録・活用の推進

事業計画

随時HPの更新・掲載による、内外部への情報発信をする
随時クラブメンバーへSNS等を活用し案内などを通知する
毎月「ロータリーの友」「ガバナー月信」の配布
随時「クラブ週報」の発行

奉仕プロジェクト委員会 渡邉信也 委員長

2020~2021年度任務

職業奉仕

〇他職業の職業体験をすることによって見識を深める
〇各自の職業における業務遂行に際し、4つのテストに照らした言行により、倫理道徳・モラル感の育成を図る

社会奉仕・国際奉仕

〇日本のみならず、世界の情勢が大きく変化しつつある現在、奉仕活動も変化していかなければならいと考えます。ニーズを的確に捉え、奉仕活動を実践する

青少年奉仕

〇地域諸団体による青少年育成事業において、物心両面で支援することで遠賀ロータリークラブの存在意義を示すとともに、次世代を担う青少年の健全育成に貢献する
〇遠賀ロータリークラブによる青少年育成事業の確立に向け、その関連委員会との連携を図っていく

事業計画

10月迄各グループ別に開催される地区国際奉仕委員会に参加し、国際プロジェクトの理解を深め、今後のクラブ運営を検討する(国際奉仕)
10月遠賀町青少年育成町民会議主催による、青少年主張大会においてオアシス運動表彰(遠賀ロータリークラブ会長賞)を行う(青少年)
11月職場訪問 職業体験をする(職業奉仕)
2月職場訪問 各職業についての理解を深める(職業奉仕)
2月遠賀町、鮭の稚魚飼育と放流への協力(社会奉仕)
6月水巻町剣道少年団主催による第40回遠賀ロータリークラブ旗争奪少年剣道大会において、小中学生への参加賞とともに遠賀ロータリークラブ賞(上位入賞者)を贈呈し、50周年記念大会として大会を盛り上げる(青少年奉仕)
6月ラブアース・クリーンアップ海岸清掃活動(社会奉仕)
未定防風林植樹への協力(社会奉仕)
未定地域が求めている現在の社会奉仕を理解するため、外部卓話の実施(社会奉仕)
未定災害義援金(社会奉仕)

Rotary財団・米山奨学委員会 波田賢一 委員長

2020~2021年度任務

〇ロータリー財団の目的と意義を理解し、寄付活動を行うとともにグローバル補助金・地区補助金を活用してのプロジェクトを他の委員会と連携して計画する。
〇米山奨学生の目的・意義を理解し支援する

事業計画

4月迄グローバル補助金・地区補助金活用プロジェクトの策定
6月迄奉仕プロジェクト委員会と連携し、2020-2021年度地区補助金プロジェクトの実施(遠賀町内災害時用井戸設置)
6月迄袁荊(エン・ケイ)さん他米山奨学生との交流活動
6月迄米山財団より世話クラブ補助金
PAGE TOP